巷で噂のビタミンc誘導体配合化粧品の特徴を知ろう!

内側と外側からケアしよう

美容の知識が少しある人ならば、ビタミンcを意識的に取っていることでしょう。「レモン何個分のビタミン」などの表示をよく見かけるのではないでしょうか。レモンやアセロラのドリンクで内側からビタミンcを摂取するのはもちろん、外側からもケアしたいなら化粧品にもこだわりましょう。

巷で噂のビタミンc誘導体配合化粧品の特徴を知ろう!

女性

ビタミンc誘導体の基礎

ビタミンcが美容にいいのは周知の事実ですが、その成分についてはあまり知られていません。実はビタミンcというのはとてももろい成分で、壊れやすいのです。ですから、化粧品にそのまま配合するとせっかくの効果が半減してしまうというのが欠点でした。そんな繊細なビタミンcの持つ作用を損なわないように人工的に改良し、さらに皮膚に浸透しやすくした成分、それがビタミンc誘導体です。

メイク道具

ビタミンc誘導体を配合した化粧品とは

お肌に届きやすくなったビタミンc誘導体は様々な化粧品に配合されています。特に効果を発揮するのが、美白やエイジングケアに対してです。お肌のターンオーバーを整え、シミやニキビの予防にも繋がります。

化粧品

化粧品に合わせた性質

化粧品といっても色々あります。クリーム状のものやパウダー状のものなど、ビタミンc誘導体は水溶性、油溶性、どちらの性質を持つものもあるので、化粧水にもクリームにも配合することができます。実に多様な可能性を秘めています。

婦人

濃度よりも浸透力が大事

効果があるのならたくさん入っていたほうがいい!と思ってしまいがちですが、ビタミンc誘導体はお肌に浸透しなければ意味がありません。濃度が高いから効果が高いのではなく、浸透力があって初めて濃度がきいてくるということを頭に入れておきましょう。

自分の肌に合ったものを選ぶのがポイント

ここまでビタミンc誘導体の美容効果について説明してきました。ビタミンcを効率的に吸収するために必要不可欠なものであり、配合された化粧品には様々な種類がありました。しかしどんな化粧品も全ての人に同じように作用するわけではありません。何がいいか迷った時はネットでコスメのランキングがたくさんありますので、参考にしながらあなたの肌にあったものを見極めましょう。また、ビタミンc誘導体と同じく今注目を集めているまつ毛美容液や、ミネラルファンデーションもおすすめです。

広告募集中